十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広に大型バイオマス発電施設 20年に稼働へ

 帯広市内の20以上の農業生産者が近く共同出資会社を設立し、家畜のふん尿などを原料とする大型バイオガス発電施設の建設に乗り出す。投資額は約20億円で、2020年の稼働を目指す。バイオガスは環境配慮型のエネルギー源として活用の動きが広がっているが、大型施設の運営を生産者が主導し、JAや自治体が関与し..

ニュース 新着

更新情報

最新の記事

更新情報

厚生病院跡20億円で売却 JA厚生連

紙面イメージ

紙面イメージ

6.21(木)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア※モバイル向け Flashビューア※Flash Pleyer

日別記事一覧

前の月 2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME