Chai酒部

「酒部」誌面ダウンロード

今月の参加メンバー

メンバー写真

草野 真由

メンバー写真

斉藤 亜紀

オーガニックダイニングナチュラル・ココ

オーガニックの料理とワインで身も心も癒やす

 厳選したオーガニック商品を販売、情報発信している「ナチュラル・ココ」。2階には日中はランチやカフェとしてくつろげ、夜はオーガニックワインや十勝の有機野菜を中心に使う料理が味わえる「ナチュラル・ココ」(夜は金・土曜のみ営業)があります。Chai酒部メンバーは体に優しいワインと料理を堪能しました。

優しい味わいのチキンストロガノフ 酸味が心地よい白ワインがGOOD

 オーガニックの料理やワインを楽しみたいと、この日参加したのは斉藤亜紀と酒部初参加の草野真由の女性2人。最初に味わったオーガニックワインはイタリアの〈モンフェッラート ソーヴィニヨンブラン〉と、料理が〈チキンストロガノフ〉です。この日のワインはすべてEU認証のオーガニックワイン。ワインは透明感のある淡い黄色が美しく、香りは蜂蜜やパイナップルを感じ、熟した果実の味わいで酸味が心地よい辛口です。
 料理に使う鶏肉は筑波山の麓で、非遺伝子組み換えの飼料を与え、開放的な鶏舎で育てている「エコかざ鶏」。とかちマッシュとともに無添加生クリームや自家製マスタードを無水で煮込んだ逸品。
 斉藤は「ワインは優しい香りで程よい酸味。後口が軽く飲み過ぎちゃいそう。料理はマスタードの辛味はさほど感じませんが香りが良くピクルスの酸味がアクセントになっていてとってもおいしい」とうれしそうです。

  • ■モンフェッラート ソーヴィニヨンブラン(イタリア)ボトル 5940円 グラス 1188円
  • ■チキンストロガノフ(1日10食限定)1728円

にじみ出てくる野菜の甘味 ロゼが互いを引き立て合う

 2組目は、フランスの〈シャトー・ド・ルー ロゼ〉と料理が〈魚貝と野菜ロースト〉。ワインのブドウはシラー、グルナッシュ、ムールヴェードル。淡いピンクのかわいい色合い。サクランボやアプリコットにハーブ、青いトマトを思わせる爽やかな香りです。
 料理の素材は十勝で有機栽培されている野菜。天然エビやホタテ、野菜のうま味をギュッと閉じ込めてローストしています。魚介も野菜もかむほどに素材のうま味や甘味がにじみ出てきます。
 草野は「ワインは見た目がきれいで、程よい酸味とかすかに甘味を感じ、料理の塩味と相まってスイスイ飲んでしまいます。野菜がおいしい! 自然な甘味でロゼとベストマッチです」とじっくりと味わっていました。

  • ■シャトー・ド・ルー ロゼ(フランス)ボトル 4536円 グラス 972円
  • ■魚貝と野菜ロースト 1728円

赤ワインの渋みと ケバブのスパイスが融合

 最後はフランスの〈ボルドー・赤 シャトー デ セニャール ド ポミエ〉に〈スパイシーチキンケバブ〉。ワインのブドウはメルロー、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン。果実の香りが凝縮され渋みが穏やかで程よい重さです。
 ケバブは、チリパウダーやクミンなど6種を独自に配合したスパイスにチキンミンチを漬け込み、つくねのようにしてローストしています。
 草野は「ケバブのスパイスをワインが中和して互いに良さを引き立てる感じ。ケバブのスパイシーさはクセになりそう」とワインと料理が進みます。
 斉藤は「ワインだけだと渋みが強い感じがしますが、ケバブのスパイスと合わせると程よくなり、相性はピッタリ」と満足そうな笑顔で話していました。

  • ■ボルドー・赤 シャトー デ セニャール ド ポミエ(フランス)ボトル 5184円 グラス 1026円
  • ■スパイシーチキンケバブ 1296円

取材協力

  • オーガニックダイニング ナチュラル・ココ/帯広市西10条南1丁目10-3 0155・38・3833 営/金・土曜18時~22時(LO1時間前)
  • オーガニックカフェ/ランチ11時〜14時、カフェ14時〜17時(LO30分前)※オーガニックカフェは休みなし(年末年始を除く)
※飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。お酒は楽しく、ほどほどに。
トップへ戻る