2023年1月号

特集/十勝和はじめ

【健康】急性脳卒中の診断、経過に差なし CT単独とMRI追加で―米国

 急性虚血性脳卒中の診断時にコンピューター断層撮影(CT)検査のみを受けた患者と、磁気共鳴画像装置(MRI)検査を追加した患者で経過に有意差はなかったと、米国の研究グループが発表した。

 動脈が詰まって脳に酸素や血液が送られなくなり、突然発症する虚血性脳卒中は、早期診断が重要である。研究グループは、急性虚血性脳卒中と診断され入院した患者を、診断時の検査がCTのみの123人とCTにMRIを追加