十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

命綱の道東道に集中 日勝国道が寸断 

数珠つなぎになって走行する車両(3日午前11時ごろ、道東道十勝清水IC出口付近、金野和彦撮影)

 台風10号により十勝と道央、道北を結ぶ幹線が大きなダメージを受けた。国道274号日勝峠は道路の崩落や橋の流失が複数箇所で発生、38号も崩落が見つかった。帯広・十勝-札幌、旭川間の大動脈が同時に長期で不通になるのは現道が開通して初の事態。3日午前も無料通行の特別措置を取る道東自動車道に車が集中した。被災場所は山間地で難工事も予想され、通行止めの長期化は避けられない状況だ。

 帯広開発建設部によると、3つ続いた台風の影響で水を含んでいた所に、台風10号で記録的な雨が降った。これで国道274号は清水町側の7合目=図(1)の地点=、8合目=同(2)=付近で増水した沢水により大きく道路が崩落。7合目付近では幅約100メートルにわたって上下線が崩れ落ちた。日高側でも橋の流失が3カ所見つかっている。

画像をクリックすると拡大します。

 また38号狩勝峠は、日勝峠に比べて標高が低くカーブが少ないため気象現象による通行止めは少なかったが、今回の大雨で新得町側の7合目付近=同(7)=でも路肩が崩落した。

 両国道が同時に長期間通行止めになるのは初めてで、帯開建は「大雨台風により想像を超える被害になった」とする。復旧に向けて現地調査に入っているが、「現時点で通行再開のめどは立たない」とし、長期化は必至だ。

 どちらの国道も通行止めが5日目となり、十勝や根釧と札幌を結ぶ動脈だけに物流や観光への影響が広がっている。十勝地区トラック協会の奥野一男専務理事は、道東道も不通だった8月31日までは輸送依頼を断るケースもあったとし、「高速が開通して札幌方面への輸送ルートが確保されて一安心」と話す。一方で、国道だけでなく道道や町道があることから、「迂回(うかい)ルートを通るため輸送に時間がかかる」と話す。

 管外とを結ぶ幹線では他に国道273号三国峠も上川管内で橋が流失しており、通行止めは長期にわたる見込み。道東道の他に迂回路は北は石北峠経由と、2日夜に通行止めが解除された国道236号天馬街道、同336号黄金道路を回るルートへの大回りを余儀なくされる。

 道東道は同31日から音更帯広インターチェンジ(IC)-占冠IC間で、両国道の再開まで無料通行できる(同区間内の通行に限る)。

 ネクスコ東日本によると3日午前は、お盆並みの交通量。十勝平原サービスエリアで働く山田真貴子さん(42)は「都市間バスやトラックは増えていると思う」と語り、管外ナンバーの車も目立った。
(安田義教、中島佑斗)

※写真はいずれも帯広開発建設部提供

画像をクリックすると拡大します。

日勝峠・清水町8合目付近=図(2)の地点

日勝峠・日高町ニセクシュマナイ橋=図(3)の地点

日勝峠・日高町岩瀬橋=図(4)の地点

日勝峠・日高町千呂露橋=図(6)の地点


◆防災情報
電子版特設ページ

◆一般道通行止め情報について
現在の通行止め情報-北海道開発局公式ホームページ

◆TOYOTA「通れた道MAP」について
TOYOTA独自の交通情報などで通行実績を地図上に表示-TOYOTA公式ホームページ

◆Yahoo!地図「道路通行実績情報」について
本田技研工業のインターナビ情報を元に地図上に情報公開-Yahoo!公式ホームページ

関連動画

  • 日勝国道が寸断 命綱の道東道に集中

更新情報

新1年生初めての給食 「黙食」でも笑顔

紙面イメージ

紙面イメージ

4.15(木)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME