十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

大樹JAXAが災害用の無人飛行船試験

飛行船の機能を確認をする関係者。手前右が推進器

 【大樹】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、大樹航空宇宙実験場(町多目的航空公園内)で、災害監視を目的とした小型無人飛行船の飛行試験を行っている。

 大規模災害時に、無人機で被害状況を情報収集するJAXAの「災害監視無人機システム」の一環。同システムでは電動固定翼型無人機が初動監視し、続けて飛行船型無人機が夜間を含む長時間の災害監視を担う。飛行船型無人機の大樹での飛行試験は4年目を迎え、今回は7~8月に続き今年2回目となった。

 今回はJAXAの無人飛行船技術セクション(河野敬リーダー)などから約10人が来町し、11月12日まで試験を行う。

 使用する飛行船(全長12メートル、全幅3メートル、重量90キロ)はこれまでの大樹での試験を踏まえ、今年度新たに導入。期間中は同実験場のハンドリングエリアで操縦して離着陸させ、上空ではプログラムによる自律飛行を試験する。今月いっぱいは格納庫内で飛行船の機能などを確認した。

 河野リーダーは「将来的には離陸から着陸まで自律飛行できるよう、試験を積み重ねていく」と話している。(佐藤圭史)

更新情報

高木美帆貫禄の1500大会新6連覇 男子は山田将矢2位、弟和哉3位 女子5000は酒井V 全日本スケート

紙面イメージ

紙面イメージ

10.24(日)の紙面

ダウンロード一括(62MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME