地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2022年5月号

特集/お風呂とグルメの小さな旅

あっぱれ!十勝のあん(11)「進化し続ける定番パフェでほっこりしあわせ気分~パフェ」

つぶあん、白玉、抹茶アイスなどをバランスよく層にした〈四つ葉パフェ〉750円

 オープンから5年目を迎えた同店のコンセプトは「お母さんが家族のために愛情を込めて作るごはん」。食べてくれる人を笑顔にしよう、幸せになってもらおうと、栄養士や調理師、フードマイスターなどそれぞれの知識を生かしたスタッフが奮闘している。

 店名を冠にしたパフェは4年ほど前に登場し、ブラッシュアップを重ねて現在形に進化した。あんは更別村の農家から届く小豆を原料に定期的に店内で炊いていて、ツヤツヤに輝く。トッピングとしても映えるよう作り方は工夫を凝らし、クリームとのバランスを考えて甘さは控えめ。白玉クリームぜんざいや小倉トーストもオススメ。

子ども連れでも安心できる個室風の部屋ができ、専用駐車場も拡充

お弁当や焼き菓子ギフト、夜カフェなど多彩な顔を持つ同店のオーナー中尾智子さん


<Cafe+deli 四つ葉apart>
芽室町東4条1丁目8-2
Tel:0155・40・9256
営:ランチ&カフェ11時~16時、ダイニングキッチン18時~22時
休:ランチ&カフェ月曜、ダイニングキッチン月曜、第1・3日曜
https://yotsubaapart.com/

※フリーマガジン「Chai」2021年11月号より。
※撮影/辰巳 勲。写真の無断転用は禁じます。

あっぱれ!十勝のあん

 十勝は小豆の一大産地。肥よくな大地で育まれた小豆から作るあんは、風味豊かで、十勝はもちろん、全国の和洋菓子店などで愛されています。さて、このあんが今、コロナ禍で需要が減っています。お膝元の十勝からその魅力を見つめ直し、おいしいあんをもっと楽しみませんか?あっぱれ、十勝のあん―。農家や菓子店の皆さん、そして十勝っ子が愛してやまない「あん」に贈る、応援企画です。
※掲載情報は10月12日時点のものです。各店の営業状況は変更になる場合があります。事前にご確認ください。
※取材時のみ特別にマスクを外して撮影しています。

あっぱれ!十勝のあん(13)「炊飯器におまかせでほぼほったらかしのあんづくり」

あっぱれ!十勝のあん(12)「あの有名な菓子にも使われています~十勝のあんは日本一!」

あっぱれ!十勝のあん(11)「進化し続ける定番パフェでほっこりしあわせ気分~パフェ」

あっぱれ!十勝のあん(10)「寒い季節に恋しくなるぎっしりあんこの誘惑~たい焼き」【Chai】

あっぱれ!十勝のあん(9)「栗とあんこのバランスが絶妙秋らしい装い~どら焼き」

あっぱれ!十勝のあん(8)「手のひらサイズの和菓子に十勝産小豆の実力が凝縮!~きんつば」